G’ZOX

Beautiful G'ZOX ジーゾックスリアルガラスコート

G’ZOX(ジーゾックス)リアルガラスコートは初めから自動車向けに開発してきました。また、開発から供給まで一社で行っているためユーザーの声をダイレクトに反映しています。

今までのコーティング剤にない撥水性能

リアルガラスコート最大の特長は、ガラス系被膜コーティングでありながら強力な撥水性能を併せ持つ点です。長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系被膜に高レベルの撥水性を持たせることに成功しました。

耐候性   紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを守ります。
防汚性   汚れが固着しないので、水洗いでカンタンに流れ落ちます。
接着性   塗装と強く密着し、長期間コーティング性能をキープします。
耐熱性   高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止します。
耐薬品性 排気ガス等に含まれる有害成分による塗装の劣化を防止します。
硬質    強く硬い被膜が、チリ・ホコリ等によるキズ付きを防止します。
光沢    ガラス状被膜ならではのキラめくように美しい輝きを演出します。
ツヤ    厚く透明な被膜で息を飲むように深く質感のある艶を実現します。

高温にも強く汚れが被膜内に入り込まない

リアルガラスコート<ガラス系被膜>

油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とせます。酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減。

ボディガラスコーティング剤 リアルガラスコートの皮膜模式図

被膜の軟化はみられず、汚れは水洗いだけで洗い流せる。

従来のコーティング剤 <樹脂系被膜>

高温時に汚れが被膜内に入り込む
油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため汚れも寄せ付けます。このため、ボディーに付着した水滴などに埃などの汚れが含まれ、乾燥後にボディーに汚れが残留してしまいます。

ボディガラスコーティングではない従来のコーティング剤の皮膜模式図

高温になると被膜が軟化し、汚れを被膜内に抱きこみ、汚れが落ちにくくなる。

テストデータ

キセノンアーク灯 促進耐候性テスト(JIS-K2396)

キセノンアーク灯 促進耐候性テスト(JIS-K2396)

耐候性試験データー(JIS-K2396による耐候性試験)

G'ZOXリアルガラスコートの耐候性試験データ

屋外暴露テスト 5ヶ月経過後

従来型コーティングやフッ素コーティングは、撥水効果がほとんど見られないが、Beautiful G’ZOXリアルガラスコートは、強い撥水効果が確認された。

リアルガラスコートの屋外暴露テスト

 ↑従来型 Beautiful G’ZOXリアルガラスコート ↑フッ素系


G’ZOXへの1件のコメント

  1. アバター ヤマモト
    ヤマモト コメント投稿者

    ヴィッツに乗っていますが、
    ガラスコートの予算はどれぐらいですか?